桜子ちゃんと薫子ちゃん

さんざん言われつくした話ですが、昨今は、キラキラネームと言うんでしょうか、変わった名前が多いですよね。

 

仕事で自治体の広報誌を見る機会がよくあるのですが、「今月生まれた赤ちゃん」という、文字通り直近で生まれた赤ちゃんを紹介するコーナーが多く見受けられます。

そして、それら名前のほとんどを私は読めません。

 

私は別にキラキラネームの肯定派でも否定派でもありません。

 

私が気になるのはただ一つ。

 

リズム

 

です。

 

特に女性の名前のリズムです。

 

もったいぶって言うことでもないので書くと、女性の名前の音節です。

 

女性の名前で「4音節」のものってあるのでしょうか。

 

あるにしても、さくらこ、かおるこくらいしか思い浮かびません。

でもそれらは「さくら」、「かおる」に「子」をデコレートした、いわば反則です。

「さくら」、「かおる」にあたる部分の4音節の名前はあるのでしょうか。

 

BEYOOOOONDSというアイドルグループに「清野 桃々姫(キヨノ モモヒメ)」さんという名前の女の子がいるようですが、それとて「もも」を「ひめ」でデコレートしているのでルール上微妙です。

 

私の4音節ガールを探す旅は今日も続くのでした。

 

 

ところで、この、名前のリズム、音節などについてはもう少し気になることがあります。

 

男性の名前は16ビートです。

 

例を挙げると、

福山雅治、つまりフクヤママサハル。

これがわかりやすい。

要するに名字の「フ」「ク」「ヤ」「マ」で16分音符4つで1拍、名前の「マ」「サ」「ハ」「ル」で16分音符4つで1拍、併せて2拍ができあがります。

 

次の例は西田敏行、ニシダトシユキ。

これは、名字の頭に16分休符が1つ入ったうえで、名字「_」「ニ」「シ」「ダ」、名前「ト」「シ」「ユ」「キ」とやはり合計で2拍が出来上がります。

 

この16分による解析ですが、もちろんどのリズムが心地よいかは人それぞれです。

ですが私は16分音符が8つ並ぶとちょっと疲れます。

ですので、「フクヤママサハル」よりも「_ニシダトシユキ」の方が心地よいです。

あるいは「フクヤママサハル」の頭の「フ」をとって「_クヤママサハル」の方がグルーブが感じられ心地よいです。

さしずめ「久山雅治」とでも表現しましょうか。

 

クヤマが演じるガリレオ先生なら見てみたいものです。

 

 

最後に、私が最も苦手とするリズムをご紹介します。

 

かつて同級生に、仮名ですが「タカハシタツアキ」というような名前の人がいました。

これはいけません。

16分がすべて埋まっています。

さらに、「ハシ」と「アキ」が韻を踏んでいます。

もっと言うと名字と名前の始まりが両方「タ」。

そうです、休符もなく韻を踏んで、さらには冒頭の16分音符が同じノート(音階)。

 

TOO MUCHなのです。

 

この条件に当てはまるお名前の方、ご容赦ください。

私の勝手なリズムの好みの話です。

 

余談ですが、この「タカハシ タツアキ」君と私は全くそりが合いませんでした。

 

これはしょうがないことです。私とはリズムが合わないのです。

 

 

 

でももし、仮に彼が「タカハシ_トシヤ」だったら・・・。

 

 

 

トシヤ君と私は、今頃バンドでも組んでいたかもしれません。