矯正歯科の思い出 (後編)

矯正歯科にまつわる話の後編です。

 

前半は以下のとおりで、矯正歯科を紹介してもらった一般歯科に処置をお断りされたところまで書きました。

 

 

 

 

仕方なく私は、その歯科に(よるグーグル検索によって)紹介された、近所の矯正歯科に電話をしました。

無論電話口での私の言葉は「「はふぁひょうふぇいふぅう(歯が矯正器具に)・・・。」です。

 

すると、電話口に出た、おそらく医師本人はめんどくさそうに

「あんたうちの患者さん?違うの?じゃあ見ないよ!」と袖にされました。

 

文章で表現できないのがもどかしいのですが、ちゃんと喋れない私に対するイライラを隠そうともせずシャットアウトされました。

 

懺悔します。

 

そのとき私は後にも先にも人生で一度だけ電話で

「うるさいバカ!」

(正確にはもちろん「うふふぁいふぁふぁ!」です。)

と言ってしまいました。これは私がよくない。

 

私は、通っているところではない矯正歯科による処置も無理なのかと、何度目かの絶望を味わいました。

 

途方に暮れた私は、手鏡を見ながら、もっていたつまようじなどで器具から舌を外そうとしますが全く外れる気配がありません。

 

その時私が考えたのは、「刃物があれば、舌の一部を切り取って外せる」です。

幸い刃物は持っていませんでしたので、その方法は実行することはありませんでした。

その時は焦りと絶望で判断力が鈍っていたので、本当に実行しかねませんでした。

 

時間だけが過ぎます。

 

私は気力を振り絞り、例の歯科よろしく、グーグルマップで別の矯正歯科を見つけ、同じように言葉にならない言葉で用件を告げました。

 

すると受付の方は真摯に聴いてくれそうです。

私は改めて「うまくしゃべれずすみません」と言いつつ状況を告げました。

 

すると受付の方は、「これからいらしてください」と優しくお答えいただきました。

 

感激しました。

感激した気持ちのままその矯正歯科に向かいます。

 

そして、おそらく順番を飛ばしてすぐに見ていただけることになりました。

 

先生は、「あーなるほど。」と言ってあらよっ、という感じで器具から舌を外していただきました。

先生曰く、「静脈の近くだから、ちょっと危なかったですよ。」とのこと。

刃物で舌を切り取ることを考えていた私は肝を冷やしました。

 

そして、私は何度も何度も頭を下げその矯正歯科を後にしました。

 

驚いたことに、なんと無料でした。

最初からここで矯正を受ければよかったとすら思いました。

 

翌日、私の足は自然とデパートの地下に向かいました。

そしてお高めの羊羹を買い、処置をしていただいた矯正歯科に向かいます。

 

そして、「昨日は本当にありがとうございました。よろしかったら皆さんで召し上がってください。」と羊羹をお渡ししつつ改めて感謝の気持ちをお伝えしました。

 

医は仁術、という言葉をかみしめつつも、歯医者さんに甘いものは天敵だったかな、などと思いささやかな幸せに包まれ家路に着きました。

 

 

 

 

 

矯正歯科の思い出 (前編)

それはかつて私が歯の矯正をしていたときの話です。

 

私が受けたのは、「矯正」と聞いて、おそらく多くの人がイメージするであろう、ブランケットという器具を歯に接着させて、ワイヤーで少しずつ歯を動かしていくあの方法です。

 

経験者でないとわからないと思うのですが、ブランケットやその他の器具を歯につけるのは、かなり邪魔になり、気になります。食事をすると、必ず何かしら挟まってしまい不快です。

私はストレス軽減のためによくガムを噛むのですが、矯正期間中はもちろんNGです。

 

器具は段階に応じて何種類もつけなおします。

そのうち何度か、器具の位置が微妙に合わずうまくしゃべれず、つけなおしてもらったこともあります。

 

本題に入ります。

その、矯正期間中のある日、私は仕事中無意識に舌で器具を触っていました。

 

すると次の瞬間、微妙な痛みとともに、舌がねじれた状態で上の歯に装着した器具に引っかかってしまいました。

あわててトイレに行き鏡の前で引っかかったメカニズムを見ながらとろうとしたのですが、うまいこと外せません。

 

舌がねじれて上の歯の器具に引っかかっているわけですから、当然うまくしゃべれませんし、食事もできない、水も飲めません。

私は、しゃべれないものですから「歯にトラブルあり」と紙に書いて上司にお見せし早退することにしました。

そして、矯正歯科に電話しました。

 

すると聞こえてきたのは・・・、「今週は学界につき休診となります。」というアナウンスです。よりによって今週いっぱい・・・。

 

残念ですが、仕方ありません。なんにせよ、解決しなければならないのです。

私は、職場から近いこともあり、もともとその矯正歯科をご紹介いただいた一般歯科をそのまま訪れました。

 

受付でこう告げます。

「歯が矯正器具に引っかかって取れないので取ってください。」と。

 

無論実際は「はふぁひょうふぇいふぅう・・・。」としかしゃべれていません。

 

なんにせよ、症状は一目瞭然なので状況は伝わりました。

一安心した私ですが、残念なことは続きます。

 

処置をお断りされました。

 

処置をお断りされたのです。

 

曰く、その歯科が設置した器具でないから触ることができない、とのこと。

替わりに適当な近所の矯正歯科の電話番号をグーグルマップか何かで調べて教えてもらいましたが、その間に処置をしてほしいところです。

全く納得できません。

矯正専門ではないとはいえ、プロがそんなこともできないはずはないのです。

 

しかも、もとはと言えば、その歯科に紹介してもらった矯正歯科での器具についての話です。今現在起きているアクシデントなのですから、縦割りに終始せず見てほしいです。

イメージとしては、交通事故にあい血まみれで病院にたどり着いたら、うちは内科だから知らないよ、と言われたような気持ちです。

※後述しますが、最終的には別の矯正歯科で、あらよっという感じですぐ外していただきました。見る人が見たら解決できるトラブルだったのです。

 

 

つづく

 

 

 

明治政府とUWF

私はどうも過渡期にあるものにたまらなく魅力を感じるようです。

 

歴史なら幕末、ではなく、明治維新後、西南戦争までの近代化しきれない無法地帯のような時代が好きです。江藤新平佐賀の乱などは何とも言えぬ侘しさを感じます。

 

時代をもう少し広げるなら、興味深いのは元老と呼ばれた山県有朋が関与した第一次世界大戦くらいまででしょうか。宮中某重大事件なんて、いかがわしさが興味を喚起します。

 

そしてプロレスなら、新日本プロレスストロングスタイルと、総合格闘技PRIDEの橋渡しをしたと言っていいでしょうUWFや、その後のリングス、Uインター、藤原組等に惹かれます。

 

間違いなく現在の総合格闘技の成り立ちには、多かれ少なかれUWFが貢献しています。正確には佐山聡さんの功績が多大なのですが、佐山さんについてはまた別の機会にじっくり書いてみたいと思います。

 

 

先日、そのUWF等出身の田村潔司さんのYouTubeチャンネルで、日本プロレスのことを取り上げていました。


 

ここで、力道山の1周忌の写真が紹介されているのですが、それがなにかに似ているような気がしてもやもやしていたのですが、ようやくわかりました。

 

かのフルベッキ写真です。

方や幕末、方や日本プロレス末期(というには早いでしょうか)という混とんとした時代のさなか、佇む男たちの写真はグッとくるものがあります。

 

え?豊登、馬場、と来てマサ斉藤?と思わず声を出しそうになります。

また馬場さんがいい表情をしているんです。

その後の全日本プロレスの隆盛につながるような策士の顔です。

 

 

今、隆盛、と書きました。

無論、読みは「リュウセイ」です。

 

ですが、フルベッキ写真について触れた今、「タカモリ」とも読みたくなります。

となると、力道山徳川慶喜でしょうか。それはしっくりきません。

 

 

ですが明治維新とプロレスが勝手に私の頭の中でつながりました。

 

 

パクリの引用

漠然と退職を考えています。

 

このブログも開設から間もないですが、ネガティブな記事が増えていますね。

 

以前も退職を考えたことはありますが、その手続き方法を調べるうちに面倒になって、ありきたりですが辞めるのを止めました。

また、次の仕事を見つけるのに履歴書を書くのが面倒。

 

なんて書くと杉村太蔵さんの

 

死のうと思って真冬の大雪山に車で行って、凍死を試みたがあまりに寒くて死ねなかった。しょうがないから車に戻って、少しあったまってから もう一度死のうと思って外に出たが、やっぱり寒くてこれじゃ風邪ひいちゃうと思ってやめた。

 

というエピソードを思い出しますね。

※このエピソード自体パクリだそうです。

 

どうも自分は、根本的に仕事をしていくだけの力が足りていないんですよね。

自分で言うのも面はゆいですが、多少の努力でだましだましやってきたのですが、限界を感じています。

 

退職したらどうなるか。

もちろん困るのはお金です。

 

ですが、ほんの少しは困らないだけの蓄えはあります。

私は極端に人付き合いをしないので、交際費があまりかからないのも大きいです。

例えばコンビニなどでアルバイト生活をするとして、理論上は暮らしていけるでしょう。

 

問題は人間関係です。

 

私はこのブログ全体が示すとおり、些細なことで「ひっかかり」を覚えてしまうのです。

おそらくアルバイトだとしても些細なことに引っかかるでしょう。

いえ、アルバイトうんぬんではありませんし、根本的なところなのです。

※そもそもアルバイトが簡単とも思っていません。

 

ちょっとした行き詰まりです。

ということは、仕事を変えても同じように行き詰まることが目に見えているんですよね。

ちょっと身動きが取れない感じです。

 

 

世の中の全働いている皆様、尊敬します。

 

そして、就職活動に勤しむ皆様、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

何しに来たんですか

暇つぶしってありますよね。

 

多くの場合はすべきことから逃げているだけ、という説もありますが、暇なときはあるんです。

 

それはとある夏の日の午後、コンビニにフラッと入って買い物を済ませ帰宅しようとしていた暇な午後です。

 

私の家の近所で、今度建てられるマンションのモデルルームがオープンしてありました。

暇な私はその入り口に貼ってある案内をぼんやりと眺めていました。

そして立ち去ろうとしたその時、そのモデルルームの係の女性がやってきて「お待ちください!よかったら中まで入っていろいろご覧ください!」と私に言いました。

 

私は「いやー、なんとなく眺めていただけなんでいいですよ。」と答え立ち去ろうとします。

すると係の女性は「いいんです!少しだけでも!」と熱心に勧誘します。

 

私は正直言って興味はありません。何しろ暇つぶしで案内を見ていただけですから。

ですが、あまりに熱心なので中に入り、説明を聴くことになりました。

 

説明をするのは別の男性で、少し先ほどの女性より上の立場の方のようです。

 

一通り男性の説明を聴き、申し訳程度に質問などして義理を果たしたと思った私は「ご丁寧にありがとうございました。ではこれで。」と言い辞去しようとします。

 

すると男性は「資金計算だけでもしていきませんか?」と言います。

 

私は当初と同じように「いやー、十分わかったので大丈夫ですよ。」と答えます。

 

すると男性の次の発言。

 

 

 

「資金計算もしないで何しに来たんですか?」

 

 

 

我が耳を疑いました。

 

私「え?」

 

男性は見下した口調で続けます。

 

 

 

「資金計算ってなんだか知ってますか?」

 

 

 

私はもう我慢できませんでした。

「失礼でしょう!」と言い残して去りました。

 

入り口に設置してあった看板の電話番号をメモすることを忘れずに。

 

 

 

帰宅後、しばらくたってもやはり怒りは収まらず、苦情の電話を入れることにしました。

 

すると、電話は本社のしかるべき担当部署につながると思ったのですが、なんとその電話はいましがたのモデルルームにつながりました。

 

そして電話に出たのは先ほどの最初の女性です。

私は上の方を出してほしい旨を伝えます。

 

すると出たのは・・・、ご明察。

先ほどの男性です。

 

私は今一度先ほどの対応は納得できない旨を告げました。

男性は全く謝ることなくあれこれ理屈をつけます。

私は次第にあきれてきて最後に一言こういいました。

「まずは興味をお持ちいただきありがとうございます、ということから始まるのではないでしょうか。」

 

すると男性はこうです。「いえ。違います。」

 

私は「もういいです。」と言い電話を切りました。

 

男性の言い訳はその後も続くのでしょうが、納得できないことは想像に難くありません。

 

 

こういう経験は、コミュニケーションするに際し、臆病さを招いてしまうんですよね。

本当は糧にしないといけないのですが。

 

暇つぶしが思わぬ疲れを招いた、そんな夏の日の思い出です。