散文

目が覚めたら

目が覚めたら、壇上に座る白髪の教頭先生が僕をにらみつけていた。 そう、講堂で行われた全校集会で、僕は居眠りをしていた、いつもどおり。 校長先生のありがたい話を、僕は一度も聞いたことがない。 寝てしまうのだ。 あのありがたい話をきちんと聞いてい…