あの夏の幻の名曲

ずっと探している、あの夏に聴いた幻の名曲があります。

 

あれはたしか、1998年の夏です。

 

近所のコンビニに入ると、得も言われぬ甘ったるい声の女性ボーカルの、得も言われぬ甘ったるい歌が流れてきました。

 

あっけにとられたのは私だけではありません。

 

レジのアルバイトの、おそらく高校2年生くらいのかわいらしい女の子もそうです。

彼女はその曲のあまりの甘ったるさに困った顔で、「店長なにこの曲~!」と、困惑の矛先を店長に向けます。

 

すると、こわもての店長は破顔一笑してこう言いました。

 

大石恵!」

 

居合わせた私は、ある種のセクハラではないかとすら思いました。

そのくらい甘ったるい、色っぽい歌唱だったのです。

 

 

大石恵

 

 

今となってはラルクアンシエルのメンバーの奥さんといった方がしっくりくるかもしれません。

 

大石恵の曲だというあの甘ったるい曲。

いったい何という曲なのでしょうか。

 

躍起になってCDを探しても入手できないし、YouTubeでも片っ端から聞いてみたのですが、あの甘ったるい曲は見つかりません。

 

あの夏に、私と女の子を困惑させた、そしてこわもての店長をにんまりさせたあの曲は一体。

 

どなたかご存じの方がいらっしゃったら、もしくはハイドさん、ぜひお教えください。

 

私はこれからも、あの曲を探し続けます。